· 

「ハモネプ」の歴史まとめました。

 久々の更新である。「ボイパの歴史」項目に、「ハモネプの物語」を追記した。

 ボイパを日本中に広めることになった「ハモネプ」という物語を、最初期(2001年〜2002年)を中心にいま一度整理し直そうとする取り組みだ。

 本項目をTwitter上で発表したところたいへん好評をいただいた(お読みいただいたみなさん、ほんとうにありがとうございます)。とくに2001年当時に中高生だった方(つまり現在30代)からたくさんの反応をいただいた。「当時の青春を思い出した」「あの頃の熱い気持ちに戻れた」といったメッセージはほんとうに嬉しかった。同窓会に行ったような感覚だろうか。さらに本項目の登場人物からも次々に反応をいただいた。幸せの極みである。

 この文章がこれからもインターネット上に残り、たまたま訪れて読んだ次世代のボイパプレイヤーやアカペラーにとって、何かの示唆になれば良いなあと思う。

 

 さて、この項目は書き上げるまでには多くの苦労があった。最もたいへんだったのは資料集めである。

 

 中心的に参照しているハモネプ本三部作(スタート/マスター/ストーリー)は、大学時代に後輩などにくれてやっちまったので再度購入した。

 ハモネプの録画ビデオはわざわざ石川県の実家に行って引っ張り出してきた(いま神奈川県住まいです)。どこに録画してあるか不明なので、片っ端から再生し、わずかな録画部分を参照する作業はたいへん骨が折れた。しかもほとんどが他の録画によって上書きされていた。ツメを折っておくべきだったと悔やんだ(この表現は若者にはわからんだろう)。

 じつは、ハモネプ第1回放送から順番に並ぶようダビングしてある奇跡のようなビデオが存在していたはずなのだが、どこかへ紛失してしまった。今でもひょっこり出てこないものかと期待している。

 紛失といえば、当時ヤマハの出版社から発売されていたアカペラ情報雑誌「Vocal」もほとんどのバックナンバーを持っていたのだが消え失せてしまった。出身サークルである静岡大学アカペラサークルAal-Liedの部室あるいは倉庫に眠っているのではないかと予測している。もし現役の関係者がこの文章を見たらぜひ状況を教えてください。たのむ。(上記「プロフィール・連絡先」欄からでもツイッターからでもOKです)

 

 

 さて資料がある程度あつまったものの、こんどはどのように書けば良いか迷ってしまった。知り得た情報を羅列するだけでは読みづらい。さりとて読みやすいようにストーリーをつくれば、どうしても情報や登場人物をカットしなければならない。客観的に書くには、おれはハモネプが好きすぎたのだ。こうして本項目は塩漬けにする日々が続いた。

 

 そんなときに発表されたのが「ハモネプ復活」のニュースであった。

 2019年にハモネプがふたたび放送される。しかも素人参加型で!

 このタイミングでなんとしても書き上げようと、パソコンの画面に向かう毎日が始まった。

 大学生の頃に学んだメディア論や、好きで呼んでいるポップカルチャー批評を参考にした。わかりやすく書いたつもりだが、論理の組み立てがとてもむずかしいところがところどころあった。やはり整理されていないものを整理するのは難しい。最終的にはやはり、泣く泣くカットした部分もとても多かった。

 そこでカットした要素をせっかくなので下記羅列する。

 

・第2回大会の途中で「9.11同時多発テロ」が発生しており、ハモネプ2全国大会直前にはハモネプ出演者によるチャリティイベントが行われている。また優勝の副賞はニューヨークへの旅であるなど世相を反映していた。

・アカペラ連盟・犬飼氏のパロディでホリケン扮する「牛飼氏」と、ネタグループ集団「アカペコリーグ」は重要な番組のアクセントとなっていた。

・インターネットを介したコミュニケーションが非常に活発になっていった時期と重なっており、「レッツアカペラ」等のBBSの存在はハモネプを裏から支えていた。

・ハモネプにおける女性アイドルグループの系譜(HA2→きゅぅ〜!!→シトラス)

・FNS2時間テレビへの派生(2002年7月6日−7日放送「FNS27時間テレビみんなのうた“あの素晴らしい日本をもう一度”」みのもんたが総合司会で、各地区の家族がハモネプに挑戦した)

・昔からアカペラに取り組んでいた人は、当時ハモネプをどう見ていたか

・ハモネプ3の扱い全般

・懐メロと視聴者層の親和性

・「ぽち」のメンバー募集について

・元暴走族グループ「半熟」における「ハモネプによる更生」の物語

 

 などなど。いずれ「補論」として書く機会があれば良いなあと思っている。

 

 ※ちなみに今回アクセス数としては一週間で2000くらい。こんなだらだら長文書いている個人サイトの分際で奇跡のような状況ですね。直帰率は85%(つまり全体の15%…約300人もの人が読んでくださった!)。