1.保育の経験を政治に届ける

奥村まさよしインタビュー

 ――インタビューに入る前に、ざっと奥村さんの経歴を整理したいと思います。

 まず大阪教育大学附属高等学校天王寺校舎に在学していた1995年、当時史上最年少で気象予報士資格を取得し話題となりました。

 筑波大学入学後は、日本を代表するアカペライベント「JAM」(※1)を立ち上げ、その後フジテレビ「力の限りゴーゴゴー」の人気コーナー「ハモネプ」に出演。アカペラグループRAG FAIRでは紅白歌合戦への出演などされ、ボイパやアカペラの存在を全国に広めました。

 

 2011年には東日本大震災発生後すぐさま被災地へ赴き、主に牡鹿半島でボランティア活動を継続。防災士資格もお持ちとのことですね。

 そしてなんと言っても通算8年間にわたる保育現場での経験です。2011年には保育士資格を取得され、横浜市の保育園で主任保育士も経験。2015年には横浜国立大学の大学院に入学し、幼児教育の研究を行うなど「保育のスペシャリスト」としての側面もお持ちです。

 このように多方面で活躍されてきた奥村さんがこのほど、保育における諸課題を解決することを掲げ政治家への道を歩み始めました。

 ここでひとつ疑問があります。なぜ退路を断ってまでこの道を進むことにしたのか。政治家でなければならなかった理由とはなんなのでしょうか。

 

奥村まさよし(以下、奥村):政治家を志すきっかけは、2016年頃にさかのぼります。当時は幼児教育・保育の問題が話題になり、保育業界でも議論が本格化していました。

 その頃ぼくは、横浜国立大学の大学院で幼児教育について研究していました。「東京大学発達保育実践政策学センター」(Cedep)が立ち上がったりするなか、保育の内容や社会的な意味についても関心が高まっていました。OECD(経済協力開発機構)の報告書でも「保育はまず質を担保しないといけない。保育士の数を増やしただけでは、長期的に見れば悪影響にもなる」という趣旨の研究結果を示したばかりでした。

 にもかかわらず、政治の場での議論は「まずは数を増やそう」という方向で進んでいた。ちゃんとしたエビデンスに基づく議論が行われていない現状があるのではないかと感じました。

 

 さらに当時、幼児教育・保育無償化が消費増税とセットで議論されていたこともあり、「結局は票を取るための議論なのかな」と穿った見方をせざるを得なかった。「それはおかしい」と言える政治家がそもそもいないのではないかと感じました。

 立憲民主党と共産党は法案に反対していたけれど、与党から造反が出なかったのは何かがおかしい。反対意見を言える人が、いないのだろうかと思いました。これって、イデオロギーの問題ではないのではないか。

 そもそも議論の動き出し自体も遅かった。ぼくは2012年から、横浜市港北区の保育園で保育士として勤務していました。そのころにはとっくに「職員が足りない」「質も確保できない」という切実な問題がいっぱい出ていた。しかしようやく重い腰を上げたのが数年後。現場で起こっていることをスピーディーに政治の場に上げていく人がいないのだろうなと、感じていました。

 

 そもそも保育の現場は、当事者の叫びが社会に届きにくい構造があります。保育士は離職率が高くて、一生働く人が少なく、労働組合などもありません。そうなると悪循環が進むばかりです。

 保育園の担任が何度も変わることもよく見られます。子どもにとって、せっかく慣れてきたと思ったころに担任が変わってしまうのは、悲劇です。子どもとの関わりについての論文などでは「アタッチメント(愛着)」という言葉が出てきます。保育園に通うのは、この基本的な人間同士の愛着が醸成されるような時期でもあります。「子どもはどんな環境でもたくましく育つ」などとよく言われますが、それはもう少し成長してからの話。生きるうえでいちばん頼れる人がコロコロ変わる状況は、やはりよくない。

 

 もうひとつの大きな問題は、保育環境の差が大きすぎることです。小学生からは法律で決まっているので、日本全国どこの学校でも、教師が人数に応じてちゃんといます。新人は副担任から始めることもできます。しかし保育は、そのあたりのルールがすごく曖昧。ぼくは3年目で主任をつとめました。それでもたいへんだったのに、「3年目で園長になった」という話もあります。

 保育士の仕事って、子どもと遊んだり教育をするだけではなく、そのうしろにいるお父さんやお母さんや、おじいちゃん、おばあちゃんもまとめて見ています。毎日会って「子どもはどうでしたか」「子育てに不安はありませんか」といったやりとりをする。家庭全員とコミュニケーションとろうと心を砕いています。それができる保育園と、体制的に難しい保育園がある現状は、やはり大きな問題です。

 「日本の未来を考えたとき、子どもにちゃんとお金も人もかけていかないでどうするのか」。そんな強い思いを抱きつづけていました。

 

 政治家になるということは、とんでもなく大きなものを引き受けることです。ぼくは最近結婚したばかりだし、子どもが生まれたばかり。のんびり過ごせればそれに越したことはない。でも、「誰かがやってくれないかな」「こうなればいいな」とぼんやり思っているだけでは変わらない。現場を少しでも経験してきた自分が、政治家という立場に立ち、現場の声を届けなければならないと考えました。

※1…「JAM」・・・Japan Acappella Movement。1999年に初開催し2019年現在まで毎年行われている、日本でもっとも知名度の高いアカペライベント。審査を突破した限られたグループにのみ出場権が与えられ、全国の多くのアカペラプレイヤーが出演を目指している。