· 

ボイパニュース2021年10月

 ここでは2021年10月に「ボイスパーカッション」「アカペラ」「ビートボックス」等のワードが盛り込まれたウェブ上のニュースを一部引用しながら紹介していく。メディア上でどのように扱われているのかを研究、記録することが目的。

 2021年9月のまとめはこちらから

 2021年8月のまとめはこちらから

 2021年7月のまとめはこちらから



10月8日

PSYCHIC FEVER、8人の新鋭が掲げるデビューへの意気込み 三代目JSBとの交流も語ったグループ初インタビュー

リアルサウンド

以下引用

 2019年7月に幕張メッセで行われた『BATTLE OF TOKYO』で結成が発表され、これまで数多くのLDHアーティストたちのツアーサポートとしても活躍。この夏は三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBE(以下、三代目JSB)のドームツアー『THIS IS JSB』に帯同するなど、LDHファンにはすっかりお馴染みとなったPSYCHIC FEVER。米ロサンゼルスのEXPG STUDIOを経て参加したSAMなど、様々なルーツを持つ8人が集った国際派ユニットで、ボーカル、ラップ、ビートボックスなど、全員がマイクを持つスタイルも強みといえる。


10月7日

特殊詐欺防止へ高校生アカペラ 広島、高陽高2人商業施設で放送へ

47NEWS

以下引用

 広島市安佐北区の高陽高放送部2年鳥居愛美香(あみか)さん(17)と溝上綾花さん(16)が、特殊詐欺被害の防止を訴える歌を作り、校内で収録した。近くの商業施設「フジグラン高陽」の店内放送で今月から流す。

 

Pentatonix(ペンタトニックス)|最新クリスマス・アルバム『エヴァ―グリーン』|国内盤オンライン限定予約ポイント10%還元

TOWER RECORDS ONLINE

以下引用

 3年連続グラミー受賞、アカペラ・グループ史上初の2作連続全米1位、動画総再生52億回超えの記録を持つペンタトニックスが、2021年の『ウィー・ニード・ア・リトル・クリスマス』に続く、クリスマス・シーズンをペンタトニックスがアカペラ・パワーで彩る最新クリスマス・アルバム『エヴァ―グリーン』を発売する。

 

よかろうもん まちがいさがしの正解動画を公開

LogTube

以下引用

 10月6日、大人気ヒューマンビートボクサーのDaichiが所属しているアカペラグループのよかろうもんが「【回答】まちがいさがしのまちがいさがしの答え合わせ」を公開。公開してから4日で45万回再生されたQuizKnockとの「まちがいさがし」。翌日にまちがいさがしの間違い探しも公開され話題になっていた。今回の答え合わせ動画ではよかろうもんのメンバーが間違い探しに挑戦している。


10月6日

【インタビュー】近石涼、変幻自在さに土台あり。「いろんなことがつながって今この場所に立てています」

BARKS

以下引用

 神戸出身のシンガーソングライター・近石 涼。過去には<閃光ライオット2014>のコピバンステージのファイナリスト、<COMIN'KOBE16>オーディションのグランプリ、『THE☆カラオケバトル』への出演、<eo Music Try 19/20>の準グランプリなど、様々な功績を残しているだけでなく、アカペラバンドとしての活動経験もあるなど、様々な経験を重ねている。2020年秋からコンスタントにデジタルシングルをリリースしてきた彼が、2021年11月には新作アルバム『Chameleon』をリリース。同作から先行デジタルリリースされる「ライヴハウスブレイバー」「兄弟 Ⅱ」「ハンドクラフトラジオ」の3曲は、それぞれでまったく異なるカラーを持った楽曲たちだ。ロックバンド的な熱量を感じさせる躍動感、アカペラならではの正確な音程と声で作り出すグルーヴ、幼少期から培われたポップスのセンスなど、多彩な表現方法を持つ彼は、音楽とどのように向き合っているのだろうか。これまでの活動を辿りながら、現在の彼の姿をあらわにしていった。

 

RAG FAIRとINSPi、デビュー20周年記念日にコラボライブ

マイナビニュース

以下引用

 RAG FAIRとINSPiのコラボライブが、両グループのデビュー20周年記念日である12月19日に東京・Zepp Haneda(TOKYO)で開催される。1999年から2002年にかけてフジテレビ系で放送されていたバラエティ番組「力の限りゴーゴゴー!!」内のコーナー「ハモネプ」への出演をきっかけにデビューを果たした両グループ。ライブタイトルの「Love is here」は、2002年リリースのコラボ曲「Love is there」から付けられた。ライブではRAG FAIR「恋のマイレージ」、INSPi「この木なんの木」などの代表曲はもちろん、YouTube上で打ち合わせ風景を公開しながら制作した新曲「20/20~あなた キミ 僕~」「今しか言えない」も披露。当日の模様は生配信も予定されている。ワタナベエンターテインメントのメンバーズサイト・We!プレでは、有料会員を対象にチケットの先行予約を10月7日12:00から11日23:59まで受け付ける。チケット一般販売は11月3日10:00に各プレイガイドでスタート。なお新曲「20/20~あなた キミ 僕~」「今しか言えない」は、ライブ開催に先駆けて11月3日に配信リリースされる。


10月5日

『芸能人格付けチェック』ジャズ演奏項目が「失礼では?」と物議 プロの演奏家を「音楽ではない」と紹介

ニフティニュース

以下引用

 10月5日に放送されたテレビ朝日系の特番『芸能人格付けチェック』のクイズで、ルール説明時に出たある一言が「失礼では?」と物議を醸している。『芸能人格付けチェック』は出演者が「高級品」と「安物」を見分ける問題などに挑戦し、結果によって「一流芸能人」「普通芸能人」「二流芸能人」と格付けしていく。現在は正月と春、秋の番組改変期に放送されている。物議を醸したのは、中盤に放送された「ジャズセッション」のチェック項目。サックス、トランペット、トロンボーンなど7種類の楽器で演奏したが、プロ演奏家が使用する一流楽器をすべて取り入れた演奏はA、B、Cのうち一つだけ。3つの選択肢から一流楽器のみの演奏を当てることになった。Aは一流楽器をフル導入したもので、Bにはプラスチックで作られた楽器が4種類入っていた。Cには4種類のプラスチック製楽器に加え、人間の声(ヒューマンビートボックス)が1種類まじっていた。今回のジャズセッションを含め、音楽問題が苦手な参加者が多く、頭を悩ませていた。だが、クイズ内容を説明する際に朝日放送のヒロド歩美アナウンサーが発した一言が視聴者の音楽ファンを激怒させた。ヒロドアナはプラスチック製の楽器を「おもちゃ」と呼び、さらに人間の声の入った演奏を「もはや音楽とは言えない」と紹介したのだ。この「プラスチック製の楽器はおもちゃ」「(人間の声は)音楽とは言えない」という発言に対しネットでは「おもちゃの楽器は失礼では?」「プロの演奏家が演奏すればどんな楽器でもよく聞こえるという事では?」といった声が続出した。ほか「人間の声」はヒューマンビートボックスのパイオニア的存在であるAFRA氏が担当していた。視聴者からは「ヒューマンビートボックスは音楽じゃないというのか」「AFRAさんの演奏を音楽じゃないは流石に失礼」「音楽への冒涜だろ」「素人ならともかくプロを呼んでその紹介は失礼」といった声が相次いだ。「おもちゃ」「音楽じゃない」という発言は台本にあったのか、ヒロドアナのアドリブなのかは分からない。「簡単な問題ですよ」と強調するあまり、このようなトゲのある言い方になったのではないかと思われる。


10月4日

RAG FAIR&INSPi 一夜限り再集結ライブ 同日デビューから20年…12月19日「感謝伝えたい」

za(イザ!)

以下引用

 フジテレビ系バラエティー番組の人気コーナー「ハモネプ」から飛び出し、一世を風靡(ふうび)したアカペラグループ、RAG FAIRとINSPiが一夜限りの再集結公演を開催することが3日、分かった。2組が20年前に同日デビューした12月19日に、東京・Zepp Haneda(TOKYO)で10人による美しいハーモニーを響かせる。■「ハモネプ」から生まれアカペラブーム巻き起こした 彼らが世に出たきっかけは、お笑いトリオ、ネプチューンが司会を務めた「力の限りゴーゴゴー‼」の人気コーナー「青春アカペラ甲子園 全国ハモネプリーグ(通称・ハモネプ)」(2001年5月~02年9月)。一般学生のグループが楽器を使わず声だけでハーモニーを奏で、本物のバンドさながらのサウンドを繰り広げて優勝を競った。ボイスパーカッションなど声だけで表現した独創的な音楽は幅広い世代を魅了し、空前のアカペラブームに。その象徴的存在が大学サークルを中心に結成されたRAG FAIRとINSPiだ。

 

「RAG FAIR」「INSPi」12・19一夜限りの再集結ライブ開催

ニッカンスポーツ

以下引用

 アカペラボーカルグループ「RAG FAIR」と「INSPi」の2組が、デビュー20周年を迎える12月19日に、一夜限りの再集結ライブ「RAG FAIR&INSPi 20周年感謝LIVE~Love is here~」を開催することが4日、分かった。01年12月19日に同日デビューした2組のボーカルグループが、東京・大田区のZepp Hanedaにて、コラボライブを実施する。RAG FAIRの「恋のマイレージ」、INSPiの「この木なんの木」などそれぞれのグループの代表曲やYouTube上で打ち合わせを公開しながら制作した新曲も披露する。

 

“ハモネプ発”RAG FAIR & INSPi、一夜限りの再集結ライブ デビュー20周年記念

北海道新聞

以下引用

 フジテレビ系『全国ハモネプリーグ』出演をきっかけに2001年12月19日に同日デビューしたアカペラグループ「RAG FAIR」と「INSPi」がデビュー20周年を迎えることを記念し、一夜限りのコラボライブ『RAG FAIR&INSPi 20周年感謝LIVE~Love is here』を開催することが決定した。デビュー記念日の12月19日、東京・Zepp Hanedaで行われる。

 

さよなら、歌ネタ王決定戦 音楽×笑いの異色の賞レースが残したもの

朝日新聞デジタル

以下引用

 音楽と笑いを融合させたネタで日本一を競う「歌ネタ王決定戦」(毎日放送主催)が、全9回の歴史に幕を下ろした。お笑い賞レース番組のひしめく時代に、「歌ネタ限定」の大会が残したものとは。9月29日夜に関西ローカルで生放送された「歌ネタ王決定戦2021FINAL」。9回目にして最後の大会となったこの日の決勝には、ダブルヒガシやこがけんら9組が登場。軽快なラップに乗せた漫才から、ヒューマンビートボックスとオタ芸を組み合わせた異色のコントまで、多彩な持ちネタで熱戦を繰り広げた。


10月1日

baratti(Nagie Lane)が影響を受けた楽曲プレイリスト『今思うと』|プレイリスト連載4/4

DIGLE MAGAZINE

以下引用

 毎回セレクターがDIGった(=選んだ)楽曲をコメントと共に紹介する、毎週更新のプレイリスト連載企画。次世代アカペラグループ・Nagie Laneのbarattiが影響を受けた楽曲をテーマに選曲したプレイリスト『今思うと』を4週に渡ってお届けします。