「制約」から生み出すストーリー

ボイスパーカッショニスト ハヤシヨシノリ インタビュー

 その1分30秒間の演奏に、大きな影響を受けたアカペラ奏者は多いのではないだろうか。2001年に開催されたハモネプ初の全国大会で、アカペラグループ・チン☆パラが演奏した「LOVE PHANTOM」である。

 「ドゥー・ワップ」や「教会音楽」といった既存のアカペラのイメージを、一新するかような迫力と疾走感。YouTubeにアップロードされている映像は、20年前の演奏にも関わらず280万回もの再生数となっている。

 

 全国大会出場後に発売したミニアルバム「La-Punch」はオリコン最高位6位、25万枚を売り上げ、2002年4月にはメジャーデビューを果たす。テレビ朝日「ミュージックステーション」をはじめ様々なメディアに登場し、新たなアカペラの姿を示し続けた。そのプレイスタイルは、2020年現在に至るまで、さまざまなアカペラグループに大きな影響を与え続けている。

 

 この「伝説」ともいうべきグループを率いたのが、ボイスパーカッショニスト・ハヤシヨシノリである。

 

 ハヤシは2004年、解散したチン☆パラを母体として「スメルマン」を結成。作詞、作曲、編曲、編集作業などをほぼ一人で行い、楽曲製作の中心を担い続けてきた。メタルやパンク、プログレといったロックを中心に、ヒップホップ、オペラなどジャンルを横断するミクスチャー表現で楽曲を量産。エフェクターやサンプラーの大胆な活用、独自のパート編成など実験的なアプローチを次々と実践した。アカペラにおける表現の拡張に、果敢に挑戦してきた人物でもある。

 そしてその挑戦には、「ボイパ」という武器がなくてはならなかった。

 

 当サイトはハヤシにインタビューを実施した。ボイパの存在意義や可能性を考えるうえで、この挑戦者への取材は、なくてはならないものであったからだ。奇しくもハヤシは、2017年から活動を続けてきたインストバンド「jamzo」を解散し、TwitterYouTubeを活用したあらたな活動を展開しはじめたばかりである。

 

 ハヤシの言葉には、経験に裏打ちされた確かな重みがあった。とりわけ「アカペラは制約があるからこそ価値がある」、そして「そこからはみ出そうとしたところにストーリーが生まれる」という言葉は、私たちに多くの示唆を与えてくれる。

 アカペラという表現方法が持つ「制約」を認識し、内在化し、そのうえで意識的にはみ出していく行為。かつてなく変化が求められる時代において、なくてはならないモチベーションではないだろうか。

 

 「S.A.K.E.」という曲を生み出すほど酒を愛するハヤシへのインタビューとあって、筆者は故郷・石川県の日本酒を持参した。酒を酌み交わしながらの会話とあって、筆者にも熱が入ってしまった。インタビュー記事にも関わらず、筆者の持論が展開される部分があることを、先にお詫びしておきたい。しかし他方では、ボイパやアカペラについて考えるとても刺激的な議論になっているとも自負している。

 

 ぜひ飲酒ができる人には、酒とともにご覧いただき、ハヤシが築いてきた世界観に耽溺してもらえればと思う。